XMenu

築地・マグロ卸売場 見学は来月15日で終了

東京

2018年8月21日

 外国人観光客の人気を集める築地市場(中央区)のマグロ卸売場の見学が、来月十五日で終わる。十月に豊洲市場(江東区)に移転するためで、都は「引っ越しが落ち着いたら豊洲で再開させたい」としている。

 見学は二〇〇八年から、先着百二十人を対象に、日曜・祝日を除く午前五時に受け付けている。都によると、未明から見学希望者が並び、午前三時ごろには定員に達する人気という。

 一般向けに午前十一時から無料で実施している水産・青果仲卸場の見学は、来月二十九日まで。築地市場は十月六日に営業を終え、同十一日に豊洲市場が開場する。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する