XMenu

特殊詐欺 世田谷区の被害3億8900万円 前年比1.9倍の125件に

東京

2018年7月12日

 世田谷区の保坂展人区長は11日の定例会見で、区内での特殊詐欺の被害件数が今年は5月末時点で前年同期の約1.9倍となる125件、被害額が約3億8900万円に上り、非常事態にあると述べた。区は同日、区内4警察署と緊急会合を開き、特殊詐欺撲滅に向け合意した。

 区によると、「区役所の者です」などと区職員をかたっての詐欺電話が数カ月前から増えている。約1億1000万円をだまし取られた例もあるという。区の人口は90万人超と23区最大で、経済的に余裕のある高齢者も多く、狙われているとみている。保坂区長は「録音機能付きの電話機は被害防止に有効と聞くので、予算措置も検討する」と述べた。 (神谷円香)

 

この記事を印刷する