XMenu

大輪ダリアなど満開 500種4000株、町田で開園

東京

2018年7月1日

夏の日差しを浴びて咲き競うダリア=町田市で

 関東有数のダリアの名所として知られる町田市山崎町の「町田ダリア園」が三十日、開園した。赤や紫など鮮やかに色付いた花を楽しもうと、市民ら大勢の人が訪れた。

 今年は五月に天候に恵まれたことなどから開花が例年より五日ほど早く、紫の「大雲海」や黄色の「ボナベンチャー」などの大輪の品種を中心に満開に。七月十日前後には他の品種も咲きそろい、見頃を迎えるという。

 丘陵の斜面に市が開いた施設で、約一・五ヘクタールの敷地で約五百品種、四千株が栽培されている。小型のポンポン咲きから直径二十センチ以上の大輪まで、多種多様なダリアを楽しめる。同園のオリジナル品種もある。

 七月十三日と二十日には、スタッフの説明を聞きながら園内を歩くガイドツアーがある。両日とも午前十時からと午後一時半からの二回で、各回先着十人。

 開園期間は十一月四日まで。無休。入園料は大人五百円、中学生以下無料。町田駅からバスに乗り、今井谷戸バス停下車、徒歩十分。問い合わせは同園=電042(722)0538=へ。 (栗原淳)

 

この記事を印刷する