XMenu

親子で食やアート満喫 日野で「ママフェス」

東京

2018年6月25日

ワークショップで粘土細工作りに挑戦する親子ら=日野市で

 親子で食やアートを楽しむイベント「ひのママフェス」が二十四日、日野市多摩平二のショッピングセンター「イオンモール多摩平の森」内で開かれた。市内で活動する主婦のグループがワークショップ(体験型講座)の店を出すなどし、千人を超える家族連れでにぎわった。

 母親同士の交流を通じ、女性の起業や趣味の実践を応援しようと始まったイベントで、今回で五回目。市内で音楽教室を開く御法川亜紀さん(37)と、乳児向けマッサージサロンを主宰する保育士の土田沙紀さん(31)の姉妹が主催している。

 手作りの布小物やアクセサリー、肌美容のサービスのほか、こだわりの材料を使ったパンや焼き菓子などを出す店が三十余り。そのほとんどを、同市や近隣の主婦らが出店した。

 子どもたちはワークショップで雑貨づくりに挑戦。絵柄付きのペーパーナプキンを小物に貼り付けて装飾する「デコパージュ」のブースでは、白地のかごに思い思いの模様を貼り、手仕事を体験した。講師のしまだようこさん(43)=同市=は「ママとお子さんが一緒に楽しめる趣味として広めたい」と話した。

 そのほか、ステージでは子どもたちによるダンスや歌のショーもあった。 (栗原淳)

 

この記事を印刷する