XMenu

<夏の高校野球>組み合わせ決定 東132チーム・西130チーム 来月1日開会式

東京

2018年6月17日

 第100回全国高校野球選手権東京大会の組み合わせ抽選会が十六日、渋谷区の青山学院高等部であり、東西両大会の対戦相手が決まった。

 東西合同の開会式が七月一日午前十時から神宮球場で行われ、選手宣誓は春季東京大会を制した日大三の日置航(わたる)主将(三年)が務める。試合は東西とも七日から始まり、初日は大島×大森、葛飾商×目黒学院、福生×羽村などのカードが組まれている。

 東東京大会に出場するのは132チームで、うち5チームは複数校でチームを編成する連合チーム。西東京大会には130チームが出場し、2チームが連合チームとなっている。

 順調に進めば、西大会の決勝は二十八日、東大会の決勝は二十九日。いずれも神宮球場で午前十時開始の予定。

 試合開始時刻と試合会場は調整の後、六月十九日に発表される。

 

この記事を印刷する