XMenu

新宿の辛味集結でご当地七味祭り あすから歌舞伎町で

東京

2018年6月8日

 新宿区内七地域にちなみ江戸東京野菜・内藤とうがらしを使って開発された七味の魅力を広める「新宿内藤とうがらしご当地七味祭り」が九、十両日、同区の歌舞伎町シネシティ広場で開かれる。両日とも午前十一時からで、九日は午後八時、十日は同七時まで。

 牛タン串、オムソバ、親子丼などの料理を提供するキッチンカー五台が出店。山椒(さんしょ)と黒ごまを合わせた「アトム」や、黒コショウが刺激的な「ゴジラ」など七種の七味を料理にかけ味わう。内藤とうがらしの苗やご当地七味、ぬれせんべいなどの加工品も販売する。祭りは、有志グループ「内藤とうがらしプロジェクト」や区などによる実行委員会が初めて開き、開催費約六十万円はクラウドファンディングで集めた。問い合わせは同プロジェクトリーダーの成田重行さん=電090(5544)1334=へ。 (増井のぞみ)

 

この記事を印刷する