XMenu

肉と音楽の競宴「ニクオン」 墨田で来月2、3日

東京

2018年5月29日

2日間で5万人が楽しんだ昨年の「ニクオン」=墨田区で(ニクオン実行委員会提供)

 肉料理と音楽を満喫できる屋外フェス「ニクオン」が六月二、三日、墨田区の錦糸公園で開かれる。地元の「肉料理自慢」の二十店が、ミュージシャン十二組と「競宴」。今年で三回目で、多世代が楽しめるようにと、クラフト&パフォーマンスエリア「グリーンガーデン」も新たに設けられる。 (飯田克志)

 ブランド牛の鉄板焼きや牛カツ、ステーキサンド、から揚げ、子イノシシのリブロース、和牛寿司(ずし)、ピリ辛ワンタン−。フェスでは、「肉肉しい」料理を五百〜千五百円で味わえる。

 ステージには各日それぞれ、ロック、ジャズ、ブルース、ワールドミュージック、ポップスなど、多彩な六組が出演。二日のオープニングは、「肉の日」キャンペーンソングを歌う女性シンガー香蓮(かれん)さんが飾る。憂歌団の木村充揮さんも登場。トリはロリケン(ROLLY&大槻ケンヂ)。最終日の三日のフィナーレは、ダイアモンド☆ユカイさんが熱く盛り上げる。

初出演するダイアモンド☆ユカイさん

 新設の「グリーンガーデン」では、革製品やキャンドル、ウクレレのワークショップ(一部有料)や、武術、ヒップホップダンス、ベリーダンス、ヨガなどの披露、体験会がある。

 フェスの少ない六月に新たな活性化イベントを開こうと、二〇一六年から始まった。東京アート印刷所を中心とする実行委員会が主催。一六年は二万人、一七年は五万人と来場者を増やしており、実行委は「家族が楽しめる、住民に迷惑をかけない、誰もが楽しめるイベントに」と意気込む。

 錦糸公園は、JR、東京メトロ半蔵門線錦糸町駅近く。両日とも午前十一時スタート。荒天中止。詳しくは「ニクオン」ホームページへ。

自慢の肉料理メニューの一例(ニクオン実行委員会提供)

 

この記事を印刷する