XMenu

祭りの熱気写そう きょうから「三社祭」 今年も写真コン

東京

2018年5月18日

昨年の大賞「宝珠に集う」(台東区の臼居貞夫さん撮影)

 下町の初夏を彩る浅草神社(台東区)の三社祭が十八日から始まるのにちなみ、神社は、祭りの熱気を記録してもらおうと「三社祭フォトコンテスト」(東京新聞後援)を実施する。今年で四回目となる。

 対象は、十八〜二十日の祭り期間中に撮影した未発表の写真。カラー、モノクロは問わず、一人で三点まで。組み写真、合成写真は応募できない。サイズは四つ切り、またはA4。応募票(神社で配布、神社ホームページからダウンロード可)に必要事項を記入、郵送、または神社に直接持参する(窓口は二十一日から開設、午前九時〜午後四時半)。締め切りは五月三十一日。

 最優秀の大賞は賞金三万円。大賞に次ぐ、一之宮賞、二之宮賞、三之宮賞は、それぞれ賞金一万円で、佳作数点にも、オリジナル記念品が贈られる。審査結果は七月に神社のホームページで発表。これらの入賞作品は、七月一〜七日の「夏詣」期間中に、境内に掲示する。

昨年の一之宮賞「浅草騒然」(埼玉県久喜市の中根英治さん撮影)

 昨年は、三百九点の応募があり、臼居貞夫さん(台東区)の「宝珠に集う」が大賞に。神輿(みこし)の上の擬宝珠(ぎぼし)に映った担ぎ手らを写した作品だった。

 送り先は、〒111 0032 台東区浅草二の三の一 浅草神社 フォトコンテスト係。詳細は神社のホームページ、または神社=電03(3844)1575=へ。 (井上幸一)

 

この記事を印刷する