XMenu

親子で楽しめる「ゆるスポ」紹介 江東・19日 参加者募集

東京

2018年5月15日

 高齢者や子供向けに発案されたちょっとゆるめなスポーツ「ゆるスポ」を紹介する「ゆるスポーツランド2018」が十九日、江東区で開かれる。これまでに考案された親子で楽しめる競技を紹介、参加者を募集している。

 一般社団法人「世界ゆるスポーツ協会」(中央区)が、「スポーツ弱者を世界からなくそう」をテーマに、二〇一五年以降、誰もが楽しめるゆるスポを創作。今回のイベントでは、約三十種類の競技から、玉を入れすぎると倒れる不安定なかごを使う「シーソー玉入れ」やマイクで集めた声で力士を動かす「トントンボイス相撲」、足つぼを刺激する突起物を越えていすに座る「イタイッス」など十七のゆるスポを紹介する。

 十九日午後一時半から、江東区豊洲二のトーヨータイヤ豊洲ドームで開催。推奨年齢は十歳以上、参加費は三千九百円。申し込みはネットから(「世界ゆるスポーツランド2018」で検索)。 (加藤行平)

 

この記事を印刷する