XMenu

被災地駆け抜けよう! 青森→東京縦断リレー参加者募集

東京

2018年5月11日

 東日本大震災の被災地をランニングと自転車のリレー形式で走り抜け、復興に寄り添おうと、都は7〜8月に青森−東京の約1300キロをたすきでつなぐイベント「未来(あした)への道」の参加者を募集している。

 今年で6回目となるイベント。今回は7月24日〜8月7日に、青森から岩手、宮城、福島、茨城、千葉、東京まで約150区間を15日間で走る。

 1〜10キロを数人で走る「一般ランニング」、1〜2キロを子どもや高齢者、障害のある人らがゲストランナーとともに走る「ふれあいランニング」、10〜30キロを走行する「自転車」の三種目があり、募集人数はランニング約1200人、自転車約100人。

 陸上400メートルリレーの五輪銅メダリスト朝原宣治さんや、マラソンの五輪金メダリスト高橋尚子さん、走り幅跳びのパラリンピック銀メダリスト山本篤さん、アーチェリーの五輪銀メダリスト山本博さんらが参加する。

 参加費は無料で、交通費や宿泊費は各自負担。公式ホームページ=http://www.1000km.jp/=から31日までに申し込む。 (清水祐樹)

 

この記事を印刷する