XMenu

345メートルから手紙出してみよう! 22日・スカイツリーに郵便ポスト

東京

2018年5月1日

スカイツリーポストのイメージ図(東京スカイツリータウン広報事務局提供)

 東京スカイツリー(墨田区押上)が開業六周年を迎える五月二十二日、地上から高さ三百四十五メートルにある天望デッキ「フロア345」に、国内の建物のうちで一番高い場所にある郵便ポストが登場する。(飯田克志)

 「スカイツリーポスト」という名称で、ツリーの形をした強化プラスチック製。本物の約三百分の一の二メートルの高さで、幅と奥行きはいずれも約〇・八メートルある。スリムな本物をふっくらとさせた感じだ。

 東京スカイツリータウン広報事務局は「ファンタスティックで親しみやすい、真っ赤でレトロなデザイン」としている。別の色も検討したが、郵便ポストと分かりやすい定番の赤に落ち着いたという。

 スカイツリーをデザインした記念スタンプが押せるスタンプ台も合わせて設置。五種類のツリーの姿を楽しめる「オリジナルフレーム切手」(千二百円)や、ヒノキ製で和風なツリーの絵が描かれたオリジナルポストカード(五種類、一枚二百七十円)も販売する。

 このほかスカイツリーでは六周年を記念し、「フロア350」から見ている眺めに合わせ主要な観光スポットを案内する無料アプリの配信などの新サービスを始める。

 

この記事を印刷する