XMenu

騎馬隊見守る入学の日 府中の通学路

東京

2018年4月7日

 お馬さん、おはようございます−。府中市是政の住宅街で六日朝、警視庁騎馬隊が市立第八小学校の通学路に出動し、新学年を迎えた小学生の登校を見守った。

 警視庁騎馬隊は、拠点の馬事公苑(世田谷区)が二〇二〇年東京五輪の競技会場になったことによる改修で使えなくなり、同市の東京競馬場の厩舎(きゅうしゃ)内に昨年一月から一時移転している。

 同小は競馬場の近くにある小学校で、地元貢献の一環として、業務に支障がない限り、通学路で登校時の見守りを実施することになった。出動初日のこの日は、十五頭いる中から雄の十四歳馬「幸希(こうき)号」など二頭が、信号機のない横断歩道などに立って子どもたちの誘導役に就いた。

 パパやママと手をつないで歩く正装の新一年生は少しびっくり。馬上の警察官は「おめでとうございます」と祝福していた。 (栗原淳)

 

この記事を印刷する