XMenu

豊島都税事務所に初の認可保育所

東京

2018年4月3日

新入園児と触れ合う小池百合子知事(左)=豊島区で

 池袋駅西口にある豊島都税事務所(豊島区西池袋)に二日、私立認可保育所の「グローバルキッズ池袋駅前保育園」がオープンした。都によると、都税事務所(二十五カ所、四支所)の中で、スペースを活用して認可保育所を設置したのは初めてという。

 この保育所は、都税事務所が職員向けの休憩室や会議室として使っていた一階と地下、延べ床面積二百十三平方メートル。区が都に働き掛けて有償で借り受け、民間事業者の「グローバルキッズ」(千代田区)に転貸。事業者が改修し子どもトイレや調理室を設けた。

 定員は一、二歳児二十人で、十三人が入園した。区は二年連続で待機児童ゼロを達成しており、来賓の小池百合子知事は「待機児童ゼロの豊島区だからこそスピーディーな対応ができた。都と区の連携を進めていきたい」とあいさつした。

 二歳児の双子の母(37)は「駅前なので通勤時に送迎しやすい。一年間楽しく過ごしてほしい」と期待していた。 (増井のぞみ)

 

この記事を印刷する