XMenu

<センバツ甲子園>日大三、好機逃さず 悔しさ晴らす完勝劇

東京

2018年3月25日

由利工−日大三 校歌を歌い終えて駆けだす日大三ナイン=甲子園球場で

 先輩たちの悔しさ、晴らしたぞ−。選抜高校野球大会に出場している日大三(町田市)は二十四日、21世紀枠で初出場の由利工(秋田)に5−0で勝利した。昨春は準優勝の履正社(大阪)に初戦で敗れ涙をのんだが、今回、完勝で1回戦を突破した。 (鈴木弘人)

 序盤は両チームとも得点圏に走者を進めながらも後続が凡退する展開。中盤以降、主将の一振りが日大三に流れを引き寄せ、二年生投手の好投が光った。

 四回の攻撃。先頭の3番日置航(わたる)主将(三年)は高めの球を振り抜き、打球は左翼席に吸い込まれた。大会第1号。後続もつながり、1死一、三塁で七番柳沢真平選手(三年)が中犠飛を放って1点を追加した。

 六回にも1点を加え、七回は四球と犠打で1死二塁のチャンス。ここで日置主将がこの試合3安打目となる中前適時打を打ち、由利工を突き放した。八回も斉藤竜二選手(三年)の中前適時打で1点を加点、試合を決めた。四回以降は11安打5得点で圧倒した。

 投手陣は四回に継投した二年の井上広輝投手が、球速140キロ超の直球を中心とした気迫の投球で相手を2安打無失点に抑えた。2回戦は三重と大会7日目の二十九日、第二試合(午前十一時半開始)で対戦する。

 

この記事を印刷する