XMenu

2人の愛の証し 新生活を彩って 国分寺市が婚姻届受理証明書作成

東京

2018年3月17日

婚姻届受理証明書と台紙の見本を手にする市職員=国分寺市役所で

 新生活を始める夫婦の記念にしてもらおうと、国分寺市はオリジナルデザインの婚姻届受理証明書と証明書を入れる台紙を作成した。

 証明書は、緑豊かなまちをイメージして白と緑色を基調とした。一九五五年に市内で日本初の発射実験が行われたペンシルロケットや、鉄道総合技術研究所で開発された新幹線、武蔵国分寺の七重塔、市の花のサツキなど地元ゆかりのイラストをちりばめた。

 台紙は、証明書を挟んで立てて飾ることができる。写真をはめ込めるようにして、メッセージを書くスペースもある。市の担当者は「証明書を背景に、手前に小物を並べるなどして飾ってほしい」と話している。

 市に婚姻届を提出した人が対象で、市民課窓口で申し込む。証明書は千四百円、台紙は千六百円。完成までに七〜十日かかる。窓口近くに記念撮影用のスクリーンも設置した。

 問い合わせは同課=電042(325)0111(代表)=へ。 (服部展和)

 

この記事を印刷する