XMenu

一足早いひなまつり きょうからソラマチにお目見え

東京

2018年2月23日

展示するひな人形のイメージ(岩槻人形協同組合提供)

 東京スカイツリータウン(墨田区押上)の商業施設「東京ソラマチ」は、三月三日のひなまつりに向けて、二十三日から春の訪れを告げるひな人形を一階のエントランススペースに飾る。土、日曜にはキャンドル作りのイベントを実施する。

 ひな人形は、日本人形の生産地で知られるさいたま市岩槻区で制作された七段飾りで、三月四日まで展示。スカイツリーを運営する東武グループの沿線でもある岩槻区の「岩槻人形協同組合」が飾り付けに協力、金びょうぶや桃の花で華やかさを演出する。ひなまつりの歴史、人形制作の工程を説明するパネルも設置する。

 オリジナルのひなまつりキャンドルを作る子どもを対象にしたイベントは、二十四、二十五日、三月三、四日の午前十時から午後五時まで、ソラマチ五階のスペース634で開催。コップの中におひなさまやお内裏さまのガラス細工を飾り付ける。参加料金は飾る内容によって異なり、千百円から。(井上幸一)

 

この記事を印刷する