XMenu

井の頭で感じる平昌の熱 あすまで園内で五輪PV

東京

2018年2月11日

PV会場で平昌五輪開会式の録画映像を見る来場者=三鷹市で

 開幕した冬季五輪平昌(ピョンチャン)大会を盛り上げようと、三鷹市の都立井の頭恩賜公園西園で十日、特設会場の大型モニターで競技中継や録画映像を見るパブリックビューイング(PV)が始まった。十二日まで。

 平昌五輪期間中、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と都が全国で開催するイベント「東京2020ライブサイトin2018」の一環。

 PVは元五輪選手らによるトークショーで幕開け。その後、九日に行われた開会式やフィギュアスケート団体男子シングルなどの録画映像が大型モニターに映し出され、来場者約三百人が声援や拍手を送った。

 東京五輪・パラリンピックの紹介ブースやサッカーや車いすバスケットボールなどの体験コーナーもあり、大勢の家族連れが楽しんだ。入場無料。午前十時〜午後五時まで。 (鈴木貴彦)

 

この記事を印刷する