XMenu

「蒲田」と埼玉の「蓮田」 似た漢字が縁 両キャラクター交流

東京

2018年2月8日

羽田空港の展望デッキで記念撮影をするはすぴぃとはねぴょん(左)=大田区で

 蒲田じゃないよ蓮田だよ−。漢字を間違えられることが多いという縁で、埼玉県蓮田市のマスコットキャラクターはすぴぃが蒲田のある大田区を初訪問した。

 蓮田市広報広聴課によると、「蓮田」と大田区内の「蒲田」の漢字は似ていて間違われやすい。蓮田、大田両市区内にはそれぞれ「馬込」地区が存在。さらに蓮田市には黒浜貝塚、大田区には大森貝塚と、ともに国の史跡に指定された貝塚もある。こうした共通点の多さから、はすぴぃが大田区への訪問を要望。区のキャラクターはねぴょんが案内を快諾したという。

 はすぴぃとはねぴょんは、いっしょに羽田空港国際線ターミナルや蒲田駅前の区役所の散歩を楽しんだ。

 はすぴぃは「都会の雰囲気や空港の広さにびっくり」。はねぴょんは「埼玉の方々に大田区をアピールできてうれしかったぴょん」とコメントした。区では今回のキャラ交流を機にPRなどで区市連携を進める方針という。 (中西公一)

 

この記事を印刷する