XMenu

文京の中学生が本社訪問 新聞づくりの現場取材

東京

2018年2月7日

 文京区立第十中学校の一年生五人が千代田区内幸町の東京新聞本社を訪れ、編集現場を見学した。都内を巡る校外学習でテーマを「マスメディア関連」と決め、見学先に本社を選んだ。

 五人は、読者部の榎本哲也部長の案内で夕刊製作中の職場を見学。加古陽治編集局次長から編集作業や新聞記事について話を聞き、「どこに一番重要な記事が載っているのか」「写真は誰が撮るのか」などと素朴な疑問をぶつけた=写真。写真部記者やデザイン課員からも、カメラ機材や新聞のCGの説明を受けた。

 班長の小早川釉(ゆい)さん(13)は「一つの記事に多くの人が関わっていると知った。編集局にはいろんな部署があってすごいと思った」と話していた。

 

この記事を印刷する