XMenu

知事、江東区長と会談 豊洲市場 来秋開場受け

東京

2017年12月28日

豊洲市場の今後について山崎区長(左)と話し合う小池知事=江東区役所で

 小池百合子知事は二十七日、豊洲市場(江東区)の来年十月十一日開場が決まったことを受け、江東区の山崎孝明区長と区役所で会談した。市場内に造る観光拠点「千客万来施設」の見通しが立っていないことについて、小池知事は「にぎわいの確保は江東区とともに進めていく。(思いを)共有できたのは良かった」と話した。

 小池知事が築地市場(中央区)の移転延期を表明した二〇一六年八月以降、江東区役所を訪問したのは初めて。山崎区長は、この時期の訪問について「小池さん流の対応の仕方かなと思う。年末に来て、政治家として一つのけじめをつけられた」と評価した。

 小池知事は、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの競技会場がある臨海部の建設現場五カ所も視察した。一九年五月末の完成を目指すカヌー・スラローム会場(江戸川区)の建設現場では、都職員らの説明に耳を傾けた。

 視察後、小池知事は報道陣に「会場の準備状況は順調。労働災害などに気を付けながら、安全に着実に進めていってほしい」と述べた。 (木原育子、唐沢裕亮)

 

この記事を印刷する