XMenu

ミーアキャット 赤ちゃんすくすく 羽村市動物公園

東京

2017年12月27日

 羽村市動物公園(同市羽)で十三年ぶりに生まれたミーアキャットの赤ちゃん四頭がすくすくと育っている=写真、同公園提供。

 ミーアキャットはアフリカに生息するマングース科の哺乳類。赤ちゃんは十月七日に、三歳の雌「あまなつ」と三歳の雄「かぼす」の間に生まれた。まだ性別は分からないという。今月から天気の良い日の三十分間ほどを選び、展示場に出る練習も始めた。親の後について走り回ったり穴を掘ったりと元気に過ごしている。

 赤ちゃんの本格的な展示開始の時期は未定で、今は他の群れを主に展示場に出している。

 月曜休園、入園料三百円(子ども五十円)。年末年始は一月一日のみ休園する。 (林朋実)

 

この記事を印刷する