XMenu

ユーモア写真で「遊ぼかね」 ネットで話題89歳 西新宿で89点展示

東京

2017年12月26日

西本喜美子さんの作品((c)KIMIKONISHIMOTO)

 インターネットで話題となった八十九歳のアマチュア写真家・西本喜美子さんの写真展「遊ぼかね」が新宿区西新宿のギャラリー「エプサイト」で来年一月十八日まで開かれている。

 西本さんは一九二八年、ブラジル生まれ。熊本県在住で、七十二歳で長男が主催する写真講座に参加し、写真を始めた。画像処理ソフトを巧みに使いこなしたデジタルアート作品や、ユーモアあふれる自撮り写真がインターネットなどで「面白い」と話題になった。

 未発表の作品も含め、年齢と同じ数の八十九点を展示している。入場無料。日曜休み。二十八日〜来年一月四日は休み。問い合わせはエプサイト=電03(3345)9881=へ。

 

この記事を印刷する