XMenu

自動運転バス 丸の内行く センサーで障害物検知

東京

2017年12月23日

丸の内仲通りを走る自動運転バス=千代田区で

 千代田区丸の内で二十二日、自動運転バスの試乗会が開かれた。実用化に向けた実証実験の一環で、丸の内地区の開発を主導してきた三菱地所と通信大手のソフトバンクが主催。事前に応募した約百五十人が、乗り心地を確かめた。 (神野光伸)

 走行したのは、ソフトバンク傘下のSBドライブが所有する小型バス「ナビヤ・アルマ」(定員十五人)。運転席はなく、衛星利用測位システム(GPS)で位置を把握し、車両に取り付けたセンサーが周囲の障害物を検知しながら、あらかじめ設定したルートを走行できる。

 試乗会では、高級ブランド店などが並ぶ丸の内の目抜き通り「丸の内仲通り」で、約四十メートルの直進ルートを時速約五キロで往復した。途中、センサーの不具合で代替車両が投入される場面もあった。

 自動運転バスは、走行時の安全性や法整備など運用面の課題は多いが、ドライバー不足の解消に加え、自分で車を運転できない人たちの移動手段になることが見込まれ、早期の実用化が期待されている。

 試乗会に合わせたセレモニーで、三菱地所の湯浅哲生・執行役常務は「丸の内には多くの先端技術が集まっており、自動運転車などの技術を後押しできる。丸の内のもつポテンシャルを推進していきたい」と話した。 

 

この記事を印刷する