XMenu

伊達直人の善意 品川区に商品券 児童施設に寄贈

東京

2017年12月23日

 品川区は二十二日、漫画「タイガーマスク」の主人公、伊達直人を名乗る人物から五万円分の商品券が入った郵便物が届き、児童養護施設「品川景徳学園」(旗の台五)に寄付したと発表した。

 区役所に郵便物が届いたのは今月十二日。額面千円の商品券五十枚とともに手書きメモが同封され、「親と一緒にくらせない子どもたちへ 何かプレゼントをあげてくださると助かります。伊達直人」と書かれていた。

 区子ども福祉部によると、二〇一二年からほぼ毎年、クリスマスの時期に匿名の寄付があり、宛名や筆跡などから同一人物の可能性が高いという。今回の五万円を含め寄付額は計二十一万円に上る。

 同学園の高橋朝子副園長は「子どもたちに必要なもの、欲しいものの購入に使いたいと思います」と感謝の言葉を述べた。 (梅村武史)

 

この記事を印刷する