XMenu

白やピンク はにかむ花 大田でシクラメン出荷最盛期

東京

2017年11月18日

来園者にシクラメンの見立て方をアドバイスする波田野章さん(右)=大田区で

 大田区馬込地区の農家で冬を彩るシクラメンの出荷が最盛期を迎えた。赤、白、ピンクなど色鮮やかな花が並ぶ温室は、安価な直売品を求める来園者が訪れている。

 馬込シクラメン園(中馬込三)は二十五種類、約七千五百鉢を栽培。北海道や関西方面にも出荷している。花弁のウエーブとグラデーションが美しいビクトリアが一番の人気で、ショパンオレンジ、モンブランもよく売れるという。

 園主の波田野章(あきら)さん(83)は「夏場に雨が多くて心配したが、気温が上がらなかったことが幸いして出来はまずまず。価格も平年並みです」と話していた。

 出荷作業は年末まで続く。問い合わせは同園=電03(3771)5901=へ。 (梅村武史)

 

この記事を印刷する