XMenu

晩秋に鮮やか 淡紅色の桜 北区の飛鳥山公園

東京

2017年11月17日

飛鳥山公園で咲いている十月桜(北区提供)

 春には桜の名所として知られる北区の飛鳥山公園(王子一)で、木の葉が色づく晩秋に淡紅色の桜の花が咲き、訪れる人の目を楽しませている。

 咲いているのは、園内に七本植えられている「十月桜」。ヒガンザクラの園芸品種で、一年に二度咲き、二回目は十月ごろ開花し始めることから名前が付いた。かれんな花は十二月初めごろまで楽しめそう。

 園内では、思わず足を止め、秋の桜を興味深く見入る人や、桜を背景に記念撮影を楽しむ親子の姿も。日課にしている散歩中の区内に住む高齢の男性は「春以外に咲く桜があるのは今まで知らなかった。カメラを持ってくればよかった」と花弁を眺めながらうれしそうに話していた。

 

この記事を印刷する