XMenu

甲信越と東北走る 観光列車3種類 11日、北区で展示

東京

2017年10月30日

車内見学ができる観光列車「HIGH RAIL1375」(JR東日本提供)

 JR東日本の発足30周年を記念し、甲信越と東北を走る3種類の観光列車が11月11日、JR東北線尾久駅隣にある尾久車両センター(北区)に集まる。標高が高い小海線の「HIGH(ハイ) RAIL(レール)1375」と、信越線などを運行する「越乃Shu(こしのしゅ)*Kura(くら)」は車内を見学できる。

 東北の大船渡線で活躍する「POKEMON(ポケモン) with(ウイズ) YOU(ユー)トレイン」の車内見学は、事前申し込みが必要で既に締め切られた。外からは見学できる。電気やディーゼルの機関車、昨年まで定期運行した寝台特急「カシオペア」も展示する。「みんな集まれ!ふれあい鉄道フェスティバル」の一環。入場無料。午前10時から午後3時、最終入場は同2時まで。小雨決行。

 

この記事を印刷する