XMenu

水辺の環境考えよう 台場でアクアフェス AED体験やクイズ

東京

2017年10月30日

 水辺の環境保全に取り組むイベント「アクアソーシャルフェス2017」(東京新聞など共催)が二十九日、港区台場の台場区民センターで行われた。

 親子連れやトヨタ販売店の社員ら約五十人が参加。拓殖大ライフセービング部による、水辺で安全に過ごすための講義の後、自動体外式除細動器(AED)を使った救命救助体験や、お台場海浜公園に関するクイズ大会も行われた。

 イベントは、小型ハイブリッドカー「アクア」の発売を機に、トヨタ自動車が全国で展開している環境保全活動の一環で、今年で六年目。

 

この記事を印刷する