XMenu

小選挙区当選者に証書 長妻さん「立民の旗立てていく」

東京

2017年10月26日

当選証書を受け取る長妻昭さん(右)=都庁で

 都内の衆院選小選挙区で当選した25人への当選証書付与式が24日、都庁であった。新議員らは、都選挙管理委員会の宮崎章委員長から証書を受け取った。 (唐沢裕亮)

 都内二十五選挙区の議席は自民十九、立憲民主四、公明と希望が各一。立憲民主の長妻昭さん(57)=7区、七期目=は「どこかと丸ごとくっつくとか、そんな永田町の論理に否定的な国民の支持をいただいていると思う。立憲民主の旗を立てていくことに注力したい」と抱負を語った。

 自民の石原宏高さん(53)=3区、四期目=は選挙戦を振り返り「選挙のためにころころと政党を変える政治家に対する有権者の疑念があったのではないか」と話した。  

 

この記事を印刷する