XMenu

シェアサイクル 品川でもスタート

東京

2017年10月19日

 自転車を共同利用するシェアサイクルが18日、品川区でも始まった。都内では10番目。区役所やしながわ水族館、天王洲第一水辺広場など8カ所のサイクルポートに電動アシスト式自転車63台を設置した。年度内にJR京浜東北線より東側を中心に15カ所、200台以上を増設予定だ。

 利用料金は月額2000円。1回の利用が30分を超えるごとに追加100円。

 運営するドコモ・バイクシェアによると、都内のシェアサイクルは2012年に江東区でスタート。その後、千代田、港、中央、新宿、文京、大田、渋谷、練馬で導入された。多くが区域を超えて利用できる。品川区も来年度以降、これにならう方針だ。会員登録には、通話とメール受信可能な携帯電話かスマートフォン、クレジットカードが必要。問い合わせは同社=電0120(116)819=へ。 (梅村武史)

 

この記事を印刷する