XMenu

都と英シティーが金融分野で連携へ 来月にも覚書締結

東京

2017年10月15日

 小池百合子知事は十三日、都の「国際金融都市構想」を進めるため、英金融街シティーと教育などで連携する覚書を十一月にも締結すると明らかにした。

 都庁で開いた「国際金融都市・東京のあり方懇談会」で述べた。有識者による懇談会は昨年十一月から、海外企業が参入しやすい市場づくりの具体策を検討。この日は、官民一体で企業誘致に取り組む「プロモーション組織」新設などの最終提言をまとめた。

 提言には、金融サービスを使って社会的な課題の解決に貢献した企業を表彰する「東京金融賞」や、若手の投資家育成のために資金を提供するプログラムの創設なども盛り込まれた。

 都は提言を踏まえ、国際金融都市の実現に向けた「東京版金融ビッグバン構想」をつくり、十一月に発表する予定。 

  (榊原智康)

 

この記事を印刷する