XMenu

JR東貨物線 新金線の旅客化 鉄道玩具で考えよう 葛飾の市民グループ

東京

2017年10月7日

プラレールなどで再現された「新金線」=葛飾区で

 葛飾区を南北に縦断するJR東日本の貨物専用線「新金(しんきん)線」をプラレールなどで再現したイベントが七日まで、同区柴又の宿泊施設「SHIBAMATA FU−TEN(シバマタ・フーテン)」一階ラウンジで開かれている。

 新金線の旅客化を目指す市民グループ「新金線 いいね!区民の会」が企画。模型の貨物、旅客電車を走らせ、旅客化実現のアイデアや課題を考えてもらう目的がある。

 ミニ新金線は、ウェブサイト「プラレールの宿」を運営する松岡純正(よしまさ)さん(30)=さいたま市=らが協力し、総武線新小岩駅−常磐線金町駅間を再現。踏切なども実際の数に合わせており、気に入った模型電車を走らせて遊ぶことができる。

 入場料は大人八百円、子ども無料。問い合わせは同会の長(ちょう)達也事務局長=電080(5443)1331=へ。 (飯田克志)

 

この記事を印刷する