XMenu

フラッグツアー南ルート 小池知事、鹿児島知事へバトン

東京

2017年10月4日

鹿児島県側に五輪旗を手渡す小池知事(左から2人目)=鹿児島県庁で

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックを盛り上げようと、複製した五輪旗とパラリンピック旗が全国を巡る「フラッグツアー」の南ルートの巡回が三日、鹿児島県で始まった。県庁で記念式典があり、小池百合子都知事から三反園訓(みたぞのさとし)知事へ両旗が手渡された。

 式典で小池知事は「オールジャパンで盛り上げていこう。鹿児島でムーブメントを高めてほしい」とあいさつ。三反園知事は二〇年に鹿児島で国体が開かれることから「五輪、パラリンピック、国体を一緒に盛り上げていけるよう頑張りたい」と述べた。

 フラッグツアーはこれまで、都内や競技会場がある道県、東日本大震災の被災地などを巡回。現在は南ルートのほか、九月末に秋田県から北ルートの巡回が始まった。一九年三月末までに四十七都道府県全てを回る予定。 (唐沢裕亮)

 

この記事を印刷する