XMenu

宇都宮大、大学院4研究科を統合へ 来春新設 地域創生科学研究科

栃木

2018年9月12日

大学院の再編を発表する宇大の石田朋靖学長(左)ら=宇都宮市で

 宇都宮大は、大学院に現在ある国際学、教育学、工学、農学の四研究科を、二〇一九年四月から新設する「地域創生科学研究科」に統合すると発表した。

 定員は現在と同規模の三百三十五人。来春の入学者を選ぶ入試から、新しい研究科で行う。

 各分野を融合した研究を進め、地域社会の創生に貢献する人材の育成を目指す。宇大によると、大学院が一つの研究科に統合するのは、全国の国立大で初めての試みという。

 現在の四研究科の在学生は、各課程を修了するまで各研究科に属する。当面は新研究科と現在の四研究科が併存する。

 県庁で記者会見した石田朋靖学長は「専門分野だけではなく、複眼的に見る力を養わないと新しい時代を担っていけない。幅広な人材を育てる」と説明した。 (北浜修)

 

この記事を印刷する