XMenu

横綱 稀勢の里、秋場所出場へ

スポーツ

2018年9月6日 夕刊

 大相撲の東横綱稀勢の里関(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が六日、秋場所(九日初日・両国国技館)へ出場する意向を示した。進退が懸かる土俵となる。六日午前に千葉県習志野市の阿武松部屋での出稽古後に「しっかり準備はできた。やるべきことはやった」と述べた。

 稀勢の里関は先場所まで八場所連続休場で、年六場所制となった一九五八年以降の横綱でワースト記録だった。在位十場所目で再起を目指し、大きな注目が集まっている。

 

この記事を印刷する