XMenu

広島・新井が引退表明

スポーツ

2018年9月5日 夕刊

新井貴浩

 広島の新井貴浩内野手(41)が5日、広島市のマツダスタジアムで記者会見し、今季限りでの現役引退を表明した。プロ20年目で大きな決断をした新井は「(ファンを)喜ばせてあげることが今年はできていない。悲しませるのは申し訳ない。これからのカープのことを考えると、今年がいいんじゃないかと考えた」と晴れやかな表情で語った。

 新井は広島工高から駒大を経て1999年にドラフト6位で入団。フリーエージェント(FA)移籍で2008年から阪神でプレーしたが、15年に広島に復帰。チームの精神的な柱として16年には最優秀選手(MVP)に輝き、広島を25年ぶりのリーグ優勝に導いた。

 17年も主に代打で勝負強さを発揮して2連覇に貢献。球団史上初の3連覇が近づいている今季はここまで49試合の出場で、打率2割2分2厘、4本塁打にとどまっていた。

 4日までの通算成績は2369試合に出場し2200安打、319本塁打、1299打点、打率2割7分8厘。

 

この記事を印刷する