XMenu

<ジャカルタ・アジア大会>池江が女子初MVP 日本、金75個で閉幕

スポーツ

2018年9月3日 朝刊

最優秀選手(MVP)に選ばれ、ボランティアらに祝福される競泳の池江璃花子(中央)=2日、ジャカルタで(潟沼義樹撮影)

 【ジャカルタ=本紙取材団】四年に一度のアジア最大のスポーツの祭典、第十八回アジア大会は二日、当地のブンカルノ競技場で閉会式を行い、十六日間の競技日程を終えて閉幕した。大会最優秀選手(MVP)には、出場選手最多となる金六、銀二の計八個のメダルを獲得した競泳女子の池江璃花子(りかこ)(18)=ルネサンス=が選ばれた。女子選手が選出されるのは史上初めて。

 日本は中国に次ぐ金メダル七十五個を獲得。四十七個だった前回の韓国・仁川大会から大幅増で、七十個以上獲得するのは一九七八年バンコク大会以来四十年ぶり。国別では、六大会ぶりに韓国を上回った。次回大会は二〇二二年、中国・杭州で開かれ、二六年には愛知県と名古屋市の共催で行われる。

 

この記事を印刷する