XMenu

<ジャカルタ・アジア大会>閉会式でもトラブル 日本選手団、入場遅れる

スポーツ

2018年9月3日 朝刊

 2日の閉会式で、日本選手団が雨の中、会場のブンカルノ競技場の外で待機させられ、入場が40分ほど遅れる混乱があった。日本が入場したのは閉会宣言の直前だった。

 入場行進は各国・地域の旗手が先に入場し、その後選手団が一斉にフィールドに入ってくる段取りだった。日の丸を掲げて先に入場した旗手の池江璃花子は選手団の到着を待ち受けていたが、他の日本選手が現れず戸惑った様子を見せた。

 日本オリンピック委員会(JOC)によると、日本選手団は217人が閉会式に参加予定となっていた。柔道男子の海老沼匡(パーク24)は「何があったのかよく分からない」と困惑した表情を浮かべ、サッカー男子の主将、三好康児(札幌)は「見たかったので残念」と話した。 (共同)

 

この記事を印刷する