XMenu

<ジャカルタ・アジア大会>「eスポーツ」サッカーゲーム 日本が優勝

スポーツ

2018年9月2日 朝刊

 【ジャカルタ=共同】ジャカルタ・アジア大会の公開競技で対戦型ゲームの「eスポーツ」は一日、人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」の決勝が行われ、日本がイランを下して優勝した。

 公式ユニホーム姿で登場した近畿大の杉村直紀選手(21)と高校生の相原翼選手(18)がチームを組んで出場。第一試合を奪われる苦しい展開だったが、第二試合を取り返した勢いで第三試合も接戦を制した。優勝を決めると、両手を突き上げて喜びを表した。

 杉村選手は「アジアのレベルが高いと感じたが、最高の舞台で金メダルを取れてうれしい。隣にいる最高の後輩のおかげ」と話し、小学三年の時に父の影響で始めたという相原選手は「eスポーツが公開競技に選ばれてうれしい。日本を背負って戦うプレッシャーがあったが良い体験ができた」と笑顔で語った。

 ウイニングイレブンには、日本やインドネシアなど八カ国・地域が参加。二つのグループに分かれ、実在するクラブから選択し、アジアの頂点を競い合った。

 

この記事を印刷する