XMenu

体操暴力 コーチが処分受け入れ 申し立て取り下げ、謝罪文

スポーツ

2018年8月31日 夕刊

 体操の二〇一六年リオデジャネイロ五輪女子代表の宮川紗江選手(18)に暴力を振るったとして日本協会からの無期限の登録抹消処分を受けた速見佑斗コーチ(34)が東京地裁に指導者としての地位保全を求める仮処分の申し立てを取り下げ、同選手が求める指導復帰のために「処分を全面的に受け入れる」と三十一日、代理人弁護士を通じて発表した。

 協会は、無期限は除名と異なり、永久ではないとの見解を示している。

 速見コーチは書面で「宮川選手が一番望んでいることが私の指導復帰。私がすべきことは処分を不服として争うことではなく、全面的に受け入れ反省し、それを皆様に認めてもらった上で、一刻も早く正々堂々と指導復帰を果たすことが選手ファーストだという結論に至りました」と説明した。

 宮川選手は暴力がパワハラという認識がないとして処分の軽減を訴えたが、本人と保護者にも処分内容を納得してもらったという。謝罪文も発表し「いかなる理由によっても暴力行為は決して許されることではないと深く胸に刻み、真摯(しんし)に反省することをここに誓います。今後必ず更生し、いつか日本体操界に大きく貢献できるよう日々努力します」とつづった。

 宮川選手は協会の塚原千恵子女子強化本部長らからはパワハラを受けたと主張し、協会は第三者委員会を設置して調査することを決めた。同強化本部長はパワハラ行為を全面的に否定している。

 

この記事を印刷する