XMenu

<ジャカルタ・アジア大会>山県、自信得た銅 世界との距離「思ったほどない」

スポーツ

2018年8月27日 夕刊

男子100メートルで銅メダルを獲得し笑顔の山県亮太=ジャカルタで(榎戸直紀撮影)

 26日の男子100メートル決勝で、山県亮太(セイコー)は日本歴代2位の自己ベストに並ぶ10秒00で銅メダルを獲得した。9秒91のアジア記録を持ち、世界選手権ファイナリストの蘇炳添(中国)が9秒92の大会新記録で優勝。

 ハイレベルなレースにブンカルノ競技場は大歓声に包まれた。「自信になる部分があった。練習や取り組みは間違っていないと実感した」。敗れてなお、手応えをつかんだ山県は前向きに話した。

 スタートのリアクションタイム(反応時間)は山県の方が速かったが、序盤から蘇が先行。山県も食らいつき、「差が広がらず、中盤以降もしっかり走れた。(蘇と)思ったほどの距離はなかった」。大舞台で世界が手に届くところにあると確信した。

 公式記録は10秒00。しかし、参考として発表されたタイムは9秒997。小数点以下3位は切り上げとなるため、「10秒の壁」は突破できなかったが、軟らかくて記録が出にくいとされるトラックで好タイムをマーク。9秒台の力があることを証明した。

 26歳。まだ記録は伸びる。「これからもっと地力を上げていって、9秒9台の前半が狙えるくらいの選手になりたい」と目標は高い。 (ジャカルタ・森合正範)

 

この記事を印刷する