XMenu

<ジャカルタ・アジア大会>太田、豪快に金 男子グレコ60キロ級

スポーツ

2018年8月22日 朝刊

男子グレコローマン60キロ級決勝キルギス選手(右)を攻める太田忍=潟沼義樹撮影

 男子グレコローマンスタイル2階級と女子2階級が行われ、男子60キロ級でリオデジャネイロ五輪59キロ級銀メダルの太田忍(ALSOK)は決勝でキルギス選手にフォール勝ちし、今大会で日本勢初の金メダルを獲得した。

 女子76キロ級で昨年の世界選手権75キロ級3位の皆川博恵(クリナップ)は決勝で中国選手に敗れて金メダルを逃した。女子が採用された2002年釜山大会以降、日本は初めて優勝者が一人も出なかった。女子68キロ級の源平彩南(至学館大)は銅メダルを逃した。敗者復活戦は制したが、3位決定戦でキルギス選手に屈した。男子グレコ67キロ級の下山田培(警視庁)は1回戦で敗退した。 (共同)

 

この記事を印刷する