XMenu

バスケ4選手が買春 アジア大会追放 協会、処分検討

スポーツ

2018年8月21日 朝刊

 【ジャカルタ=共同】ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市内の歓楽街を訪れるなどした問題で、日本選手団の山下泰裕団長は二十日、現地で記者会見し、買春行為があったとして、いずれもBリーグの永吉佑也(27)=京都、橋本拓哉(23)=大阪、今村佳太(22)=新潟、佐藤卓磨(23)=滋賀=の四選手の代表認定を取り消したと発表した。事実上の選手団追放となる。

 選手村を退去して同日帰国した四選手は東京都内で記者会見し、永吉選手は「私たちの軽率な行動により多大な迷惑をお掛けし、深く反省している」と謝罪した。

 日本オリンピック委員会(JOC)によると、四選手は十六日にあった一次リーグ二戦目のカタール戦後の午後十時すぎ、日本選手団の「JAPAN」のロゴが入った公式ウエアを着て選手村から外出。日本食店で食事や飲酒をした後、紹介された別の店の女性を伴ってホテルに入り、不適切な行為に及んだ。永吉選手はそれぞれが相手の女性に百二十万ルピア(約九千円)ずつ支払ったことを明らかにした。

 これが「競技での活躍だけでなく、競技を離れた場でも社会の規範となる行動を心がける」などと定める日本選手団の行動規範に違反したと判断した。イスラム教徒が多いジャカルタでは買春は違法だが、水面下では横行している。

 四年前の前回仁川アジア大会でも、競泳選手による窃盗事件が起き、選手団を追放された。山下団長は「期待を裏切ってしまって申し訳ない」と頭を下げた。二十日早朝に全競技団体の監督やコーチを集め、再発防止を強く訴えたことも明かした。

 バスケットボール男子代表は残る八選手で引き続き大会に参加する。選手は補充しない。日本協会の三屋裕子会長は「大変軽率で思慮に欠けた不適切な行動」とし、弁護士による裁定委員会で四選手から事情を聴いた上で協会としての処分を検討する考えを示した。

 

この記事を印刷する