XMenu

日大三、準決勝敗退 金足農は初の決勝

スポーツ

2018年8月20日 夕刊

金足農−日大三 9回裏日大三2死一、二塁、金子が中飛に倒れゲームセット。投手吉田

◇全国高校野球選手権 金足農2−1日大三

 準決勝が行われ、金足農(秋田)が日大三(西東京)に2−1で勝ち、初めて決勝に進んだ。

 秋田県勢としては1915年の秋田中(現秋田)以来103年ぶりの決勝進出。

 金足農は一回に打川の適時打で先制し、五回にも1点を追加。吉田が1失点完投した。

 第2試合は済美(愛媛)と史上初となる2度目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(北大阪)が対戦。

◆金足農しぶとく先制

 劇的な展開で勝ち上がってきた金足農が、一回に先制した。先頭の菅原天が中前打で出塁し、佐々木夢が送って1死二塁。3番吉田は三ゴロに倒れたが、打川が2死二塁から変化球をしぶとく左前に落とした。

 

この記事を印刷する