XMenu

釜石復興スタジアム 未来へのトライ 新設W杯会場で記念試合

スポーツ

2018年8月20日 朝刊

釜石鵜住居復興スタジアムでこけら落としの記念試合が開かれ、大漁旗を振って地元の釜石シーウェイブスの応援をする住民ら=岩手県釜石市で

 2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の試合会場で唯一新設された釜石鵜住居復興スタジアム(岩手県釜石市)で19日、こけら落としのイベントが開かれ、地元の釜石シーウェイブス(SW)とトップリーグのヤマハ発動機が記念試合を行った。満員のスタンドでは大漁旗がはためき、約6500人が東日本大震災からの復興を示すスタジアムの第一歩を見守った。

 建設された場所は震災の津波で全壊した小中学校の跡地。両チームは震災3カ月後に復興支援の試合をしたことから再戦が組まれ、この日は試合前に黙とうをささげた。釜石SWは24−29で敗れたが、観客から何度も「釜石」コールが沸き起こった。終了間際にトライを奪うと大歓声が上がり、新日鉄釜石(現釜石SW)OBの桜庭吉彦監督は「未来につながる試合。ここからが本当のキックオフ」と感極まった。

 スタジアムは7月末に完成し、常設は6000席。W杯では仮設を含めて約1万6000人収容となり、1次リーグ2試合が行われる。

 

この記事を印刷する