XMenu

1球の怖さ 横浜散る 金足農に逆転負け

スポーツ

2018年8月18日 朝刊

横浜−金足農 8回裏金足農1死一、二塁、高橋に逆転の3ランを浴びた板川=甲子園で

◇全国高校野球選手権 金足農5−4横浜

 金足農が逆転勝ちした。2点を追う八回1死一、二塁から高橋が中越えの3点本塁打を放ち、試合をひっくり返した。吉田は12安打を許したが、走者を出してからの粘り強い投球が光った。九回に3者連続三振を奪うなど14奪三振で、4失点完投した。

 横浜は同点の六回に1点を勝ち越し、七回にも1点を加えたが、逃げ切れなかった。

   ◇

 打球が風に乗って伸びる。2点リードの八回1死一、二塁。横浜・板川の109球目だった。浮いたフォークを金足農の高橋が捉えた。「中飛かな」。打球は捕手の角田の予想とは裏腹にバックスクリーンへ飛び込んだ。左腕は逆転の決勝3ランを浴び「入るとは…」とうなだれた。

 痛恨の失投は序盤にもあった。三回2死三塁から吉田に打たれた同点の中越え2ラン。3ボール1ストライクとカウントを悪くして、甘く入った直球を運ばれた。平田監督は「無理に勝負することはなかった。防げた失点。しっかり指示しなかった自分のミス」と自らを責めた。

 打線は大会屈指の右腕・吉田に対し、バットを短く持ち、低めの直球に狙いを絞った。一回にいきなり2点を先制し、追い付かれても焦らなかった。同点の六回には遠藤が右中間方向へ適時二塁打、七回は4番万波からの3連打で1点を加えた。いずれも吉田の直球を捉えた。主将も「攻撃はプラン通りだった」。

 だが、試合を決める1本が出なかった。逆転を許す直前の八回。1死三塁と追加点の好機を迎えた。犠飛でも1点の場面だったが、無得点。打線は、吉田から12安打を放っただけに、もう一押しできなかったことが悔やまれる。

 松坂大輔(中日)を擁して春夏連覇を果たした1998年以来の優勝はならなかった。「ここぞで打たれてしまった」と板川。平田監督は「1球の怖さを感じた」と肩を落とした。

  (唐沢裕亮)

◆入場者数が昨年超える

 総入場者が第13日の終了時点で84万1000人となり、昨夏(第99回大会)の初日から最終日までの82万7000人を超えた。史上最多は1990年(第72回大会)の92万9000人。

 

この記事を印刷する