XMenu

日大三、執念の押し出し 直前に好守、流れ呼び込む

スポーツ

2018年8月18日 朝刊

龍谷大平安−日大三 8回日大三2死満塁、押し出しの死球を受けガッツポーズの金子

◇全国高校野球選手権 日大三4−3龍谷大平安

 日大三が競り勝った。好機に1本が出なかったが、同点で迎えた八回2死満塁から金子の押し出し死球で1点を勝ち越した。先発の広沢は5回を2失点にまとめた。2番手の河村はコースを丁寧に突き、4回を2安打1失点。

 龍谷大平安は2度追い付く粘りを見せた。小寺は10安打を浴びながらも、要所を締める投球。八回に制球が乱れた。

    ◇

 終盤に勝ち越しの好機を迎えた。3−3の八回2死満塁。「何としてもつなぐ」。日大三の金子は追い込まれてから3球ファウルで粘った。カウント2−2からの8球目。龍谷大平安の小寺が投じた直球が右上腕部付近に当たった。押し出し死球で、貴重な1点をもぎ取った。

 「本塁打よりもうれしい」。出塁にこだわるリードオフマンは三回に放った中堅への先制ソロ本塁打よりも4点目をもたらした“決勝死球”を喜んだ。「2ストライクから粘って勝ち取ったのが大きい」と主将の日置もたたえた。

 直前の好守が流れを呼び込んだ。八回2死一、二塁で遊撃の日置が、中堅に抜けそうな打球を好捕。ボールを受けた二塁手の木代が二塁走者を本塁で刺し、失点を防いだ。

 三回に2点を先制したが、五回に先発右腕の広沢が2者連続四球をきっかけに2失点。六回に佐藤英の中堅への適時三塁打で3−2と勝ち越した。七回に2番手左腕の河村が四球を足掛かりに同点とされたが、追いつかれるたびに突き放す粘り強さを見せた。

 春の選抜2回戦で三重に0−8と完敗。「自分たちは弱い」と認め、チームははい上がってきた。夏は優勝した2011年以来の8強。「選手に助けてもらった」。想像以上の選手の成長に小倉監督が目を細めた。 (唐沢裕亮)

 

この記事を印刷する