XMenu

的場騎手、7152勝 地方競馬最多 61歳「大井の帝王」偉業

スポーツ

2018年8月13日 夕刊

 大井競馬の的場文男騎手(61)は12日、東京都品川区の大井競馬場で行われた第5レースでシルヴェーヌに騎乗して1着となり、佐々木竹見元騎手の持つ地方競馬最多勝利記録を17年ぶりに更新する通算7152勝を挙げた(中央、海外の勝利数を除く)。

 1973年10月のデビュー以来、4万567回目の騎乗で偉業を成し遂げた“大井の帝王”的場騎手は、その瞬間を見届けようとスタンドに集まった大勢のファンの前で馬上から何度も頭を下げて感謝の気持ちを伝えた。

 表彰式では「皆さんのおかげで日本一の記録を取ることができました。競馬は一つ勝つのが難しいとつくづく知りました。これからは短いかもしれないが大事に乗っていきたい」とあいさつ、大きな拍手を浴びた。

 中央競馬では武豊騎手(49)の3989勝(地方、海外の勝利数を除く)が史上最多。

 

この記事を印刷する