XMenu

木更津総合が快勝 先発野尻が好投

スポーツ

2018年8月10日 夕刊

木更津総合−敦賀気比 先発で8回途中まで投げ1失点の木更津総合・野尻

◇全国高校野球

 1回戦が行われ、3年連続出場の木更津総合(東千葉)が、3年ぶり出場の敦賀気比(福井)に10−1で大勝し、2回戦に進んだ。

 木更津総合は四回に犠飛で1点を先制し、六回に東の走者一掃の三塁打などで6点を加えた。

 第2試合は、今春の選抜大会に出場した日大三(西東京)と春夏通じて初出場の折尾愛真(北福岡)が対戦。

    ◇

 木更津総合の野尻が八回途中まで1失点と好投し、先発の役目を果たした。威力のある直球とスライダーで緩急をつけたのが奏功。「真っすぐも変化球もコースにしっかり投げ分けられた」と気持ち良さそうに汗を拭った。

 昨年は三塁手として出場。その後、投手の経験を積み、東千葉大会決勝は背番号「5」で完投した。今大会から「1」を背負う。「マウンド上から見る甲子園は気持ち良かった」と喜んだが、すぐに表情を引き締めた。「去年とは立場が違う」と改めて責任の重さをかみしめていた。

 

この記事を印刷する