XMenu

NBAウォリアーズのカリーがゴルフ再挑戦 米男子下部ツアー

スポーツ

2018年8月9日 夕刊

米男子ゴルフの下部ツアー出場に向け調整するNBAウォリアーズのステフィン・カリー=米ステートラインで(AP・共同)

 米プロバスケットボールNBAでウォリアーズの2連覇にエースとして貢献したステフィン・カリーが米男子ゴルフの下部ツアーのエリーメイ・クラシック(9日開幕)に2年連続で出場する。カリフォルニア州ヘイワードにあるTPCストーンブレイで開催される大会を前に「間違いなく去年の経験を生かすことができるような気がする」と意欲に燃えている。

 3度のNBA制覇に2度の最優秀選手とコートでの実績は申し分ない。さらに得意のゴルフでもスポンサー招待を受けた昨年の同大会で2日間続けてパー70のコースで74をマーク。決勝ラウンドに進めなかったが、プレーぶりはゴルフ界からも称賛された。下部ツアー公式サイトによると、プロアマ戦でラウンドしたことがあるという世界ランキング2位のジャスティン・トーマス(米国)は「ショートゲームがうまい」と認める。

 プロ相手に決勝ラウンドに進むのが容易でないのはカリーも理解している。それでも前回は予選通過に11打届かなかったことを念頭に「11打縮められるような気がしている。それが自分の目標」とゴルファーとしての成長に自信を示している。 (共同)

 

この記事を印刷する